在你身边:周棋洛

提供: 恋与制作人翻訳Wiki
移動先: 案内検索

为你读诗 (君に詩を読んだ)[編集]

还不想睡啊?
まだ眠たくないの?

还不想睡的话
眠たくないなら

我们找点事情做吧?
何かすることを見つけよう?

干什么呢?
何をする?

想玩游戏?
ゲームやろうか?

还是听我唱歌?
それとも、俺の歌声聞きたい?

不过这些我们好像经常做。
でも、どちらもいつもやってるね

不如,我们做些别的?
何か他のことしよう、どう?

……读诗?
……詩を読んでって?

你很想听吗?
聞きたいの?

好吧……
まぁ、いいよ

我找找……
探してみる

那……就这首好了
じゃ、これにしよう

问我为什么挑这首?
なんでこれにするって

因为这首诗 写的就是我的心情啊
この詩は俺の気持ちが書いてあるからね

我抱着你读
ハグしてあげる

开始啦
始めるよ

你也许不会相信
信じられないかもしれませんが

我常常想像你
私はいつも想像している

是多么美好 多么可爱
君はどんなに素敵か、どんなにかわいいか

但实际见了你面
でも実際に会った時

你比我想象的要美好得多 可爱得多
君は想像以上に素敵でかわいい

嗯…?“你”是谁?
え…? キミは誰って?

…笨啊 ……当然是你啊
…バカ ……君に決まってんだろう

怎么脸红了?
どうして顔が赤くなったの?

不是你让我读诗的吗?
俺に読ませたのは、君じゃないの?

怎么听了一句…就脸红了?
どうして一言だけで…顔が赤くなってるのかな?

还要我继续读下去吗?
まだ続けたいのか?

那我继续了…
じゃ、続けるね…

你不能说 我这是说谎
私が嘘をついていたとは言えない

因为如果不然的话
だって、そうではないと

我满可以仅仅想忆你自足
想像だけで満足できるはずなのに

而不必那样…渴望着 想要看见你
そんなに君に会いたいと願い続ける必要はないでしょう

我找到了你
君を見つけると

便像是找到了我真正的自己
本当の自分を見つけたみたい

如果没有你
もし君がいなければ

即使我爱了一百个人 或有一百个人爱我
たとえ百人に愛し愛されても

我的灵魂 也仍将永远彷徨着
私の魂は永遠に彷徨う

你是独一无二的
君は特別な存在だ

我将永远永远 多么多么的 欢喜你
私は永遠に永遠に、君のことがとても、とても好きなんだ

……怎么钻我怀里了?
……どうしで俺の胸に飛び込んできたの?

是在听我的心跳吗?
心臓の声を聞いてるの?

……是不是跳的很快?
速いでしょう?

让我也听听你的心跳吧
俺も君の心臓の声を聞いてみようか

你跳的…也很快啊…
君も…速いね…

好了不闹了
はいはい、冗談はここまで

我继续了…
じゃ、続けるね

不要愁老之将至
老いることを心配しないで

你老了
きっと老いても

也一定很可爱
かわいいよ

而且
それに

假如你老了十岁
もし君が十歳老いたら

我当然同样也老了十岁
私も当然十歳老いるから

世界也老了十岁 上帝也老了十岁
世界も、神様も

一切 都是一样的
皆同じだよ

我一天一天
毎日毎日

明白你的平凡
君が平凡な人と知りつつ

同时 却一天一天
同時に 毎日毎日

愈更深切的爱你
ますます君が愛しくなる

你如照镜子
鏡を見ても

你不会看得见 你特别好的所在
君の素敵なところは映らないけれど

但你如果走进我的心里
もし私の心に入ったら

你就会知道
君はどれだけ素敵なのか

你是怎样怎样的好
きっとわかってくれるよ

我只愿意凭着这一点灵感的相通
気持ちが通じ会うだけで

时时带给彼此以慰藉
時々お互いを慰められるように

像流星的光辉 照耀我疲惫的梦寐
君は流れ星の光のごどく 私の疲れる夢で輝いて

永远存一个安慰
永遠に私を慰めてくれる

纵然
たとえ

在别离的时候…
別れた時でも…

醒来觉得 甚是爱你……
目覚めから、君をすごく愛してるって感じがする……

…怎么不说话了?
……どうしてそんなに静かなの?

这些…都是我想跟你说的话
これは全部…俺が言いたいことだよ

你在我眼里……
俺からみると……君の存在は

比一切都美好得多…可爱得多…
何より美しい…何よりかわいい

虽然是在读诗
詩を読んていたけど

但这些…都是我的真心话
これも全部…俺の本音だよ