传闻秘事:许墨

提供: 恋与制作人翻訳Wiki
移動先: 案内検索

关于书上没说的事[編集]

(本には書いていない事)

他懂的比任何一个同龄人都多,唯独对生命中美好的事,一无所知。
彼は同じ年齢の子供よりも多くの事を知っているが、人生の中で素晴らしいことは何も知らない。

テキスト画像

第一章

大家都知道,小区里有个特别聪明的孩子。
みんなが知っている、この住宅街にはとても賢い子がいる。

他的父母都是高级科研人员,虽然夫妇二人一直为人低调,但是坊间还是流出了不少关于他们孩子的传说―一岁认字上万,3岁读通《时间简史》,5岁就已经跟着爸妈搞科研。
彼の両親は高級研究員で、ともに控えめな性格をしているが、それでもご近所の間ではその子についての噂が広がっていた―1歳にして一万字以上の字を覚え、3歳で『A Brief History of Time』を通読し、5歳にはすでに両親の研究を手伝っているなどだ。

其中多少是真是假,邻居们并不做深究。他们只是需要一个“别人家的孩子做范本”,在教育自家孩子是增加点说服力,“小祖宗,你还能不能让我省点心了!你看看隔壁家的小天才,5岁就懂得乖乖在家看书了!”
その中のどれが本当なのか、ご近所たちは深入りしない。彼らが欲しいのは、我が子を教育するためのよりいい口実になる“お手本になるよその家の子”で、“頼むわ、少しは安心させてくれない?近所の天才ちゃんを見てよ、5歳でお家で大人しく本を読むことができるのよ!”

久而久之,孩子们都对这个极少露面的小天才产生了强烈的抵制意识。
少しずつ、子供たちはこの滅多に顔を見せない天才ちゃんに強烈な拒絶意識を芽生えさせつつあった。

他们并没有如家长所愿一般的拿他作为学习榜样,而是选择了天真且残酷的方式来表示他们长年累月积下的不满。
彼らは天才ちゃんのことを親が思うような見習うべき対象とするのではなく、長い間積み重ねた不満を示すために無邪気で残酷な方法を選んだ。

第二章

对于普通孩子而言,“孤立”就是极刑;然而,这对于小天才似乎并不起效。他原本就成天我在书房里,独自钻研那些连一般成年人都觉得晦涩难懂的科学读物。
普通の子供にとって、“孤立”は極刑に違いない;でも、この天才ちゃんには効かなかったみたいだ。彼はもともと毎日のように書斎にこもり、普通の大人ですら難しいと思う科学書をひたすら読み込んでいたのだから。

只有偶尔到了下午放学时,听着窗外传来的追逐打闹的喧哗声,他才会短暂地阖上书本,趴在窗台张望片刻。
放課後の時間になると、窓の外から遊び騒ぐ声を聞いた彼は時たま本を閉じ、窓際に立ち外を眺めた。

他能轻松地解释人脑是怎么运作的,却始终想不明白为何院子里的男生们都这么喜欢一起追着一个球跑。每每看着他们明明跑的大汗淋漓却还哈哈大笑的样子,他都百思不得其解。
彼には人間の脳の仕組みを簡単に説明できるというのに、庭にいる男の子たちはどうしてボール一つを追いかけることに夢中なのか、彼にはどうしてもわからなかった。彼らが汗まみれになりながら楽しく笑っている姿を見て、彼は戸惑うばかりだった。

虽然有想过直接去问问院子里的孩子其中的缘由,但他远远地就能从大家的眼神中读出疏离。
庭に直接聞きに行こうかと思ったが、でも彼にはみんなの目から疎外感が感じられたから。

这种感觉就像是他们身上都带着同级的磁性,即便他尝试迈出一步去靠近,他们也会自然而然地后退远离。孩子们都远远地躲着他,站在远处起哄,这让他逐渐感受到了自己跟他们虽然同属于人类,但又有着些微的区别。
これはまるでみんなと同じ極の磁性をもっているようで、彼が一歩を踏み出し近づきたくても、みんなが自然に離れていってしまう。子供たちは彼と距離を置き、遠いところで騒ぎ立てる。こうして少しずつ、彼には解り始めた。同じ人間だけど、若干の違いがあることに。

既然不能采取调查取样的方式解决心中的疑惑,他只好退而选择了亲身实践。为此,他难得地向爸爸提出自己想要一个小足球。
心の疑問を聞き込みや調査で解決できないなら、彼は実践することを選ぶしかない。そのために、彼は珍しく父にサッカーボールが欲しいと言い出した。

看着儿子第一次向他主动索要玩具,爸爸自然是一口答应了下来。他还早早地完成了手头上的任务,特意请了半天假去陪着儿子到公园的草坪上去玩。
始めておもちゃをねだる息子を見て、父は当然二つ返事で快諾した。そのためにわざわざ仕事を早めに片付け、半日休みを取って息子と公園へ向かった。

在和煦的春风中,父子俩你来我往地过了几招。但除了“热”和“累”,男孩并没有收获到更多的有效信息。
暖かい春風の中、親子は数分走り回ったが、男の子は“暑い”と“疲れる”以外に、それ以上有効な情報を得られなかった。

他撩起了被汗水浸湿得一缕一缕的额发,一溜小跑地到爸爸身边扯了扯他的衣角。
彼は汗で濡れた前髪をかき上げ、小走りで父のもとへ行きその裾を引っ張った。

“爸爸,你累不累?不如我们回家吧。”
“お父さん、疲れてない?帰りましょう。”

爸爸蹲下身子,掏出手帕替儿子擦了擦汗,还以为他只是因为平时缺少运动而在喊累。
父はしゃがんで、ハンカチを取り出して息子の汗を拭いた、この子は単に運動不足のせいで疲れを感じただけたと思った。

“嗯?你累了吗?那我们要不要先歇一会儿再继续?”
“うん?疲れたのかい?少し休んでから続けようか?”

男孩摇了摇头,把小足球递还给爸爸。
男の子は首を振った、サッカーボールを父に返した。

“爸爸,是不是我们玩的方法不对啊?为什么其他小朋友玩这个时都特别开心。”
“お父さん、僕たちが遊び方を間違えたのかな?どうしてほかの子たちはこれで遊んでるときにあんなに楽しいそうなの?”

对于儿子一本正经提出的问题,渊博的爸爸一时之间竟然回答不上来。
息子の大真面目な質問に、博識な父は一時答えを出せなかった。

因为研究所工作繁忙的原因,他和妻子大多数时候都只能从物质上去满足儿子的需求。仅仅是给予他必须的陪伴,就已经耗尽了他们有限的空暇时间。
研究所の仕事が忙しいせいで、彼と妻は物質的にしか息子の要求を満たすことができなかった。息子に必須な付き添いだけで、すでに彼らの残り僅かな自由時間を使い切ってしまっていた。

那些书本上不会说到,他们也无暇去教他的部分,那些作为“普通的孩子”至关重要的部分,都在无意间被忽视掉了――
それは本には書かれておらず、彼らもそれを教えられる時間はない、“普通の子供”にとって至って重要な部分は、気づかないうちに忘れさられていた――

比如说“朋友”,比如说“友情”。
例えば“友達”、あるいは“友情”。

“下次想踢小足球的时候,可以跟院子里的其他小朋友说一声哦。”
“次にサッカーをやりたいときは、庭にいるほかの子供たちに声をかけていいんだよ。”

“嗯。”男孩点了点头,没有把其他孩子那冰冷的眼神告诉爸爸。他紧紧地牵着爸爸的手,回到了院子。
“うん。”男の子は頷いた、ほかの子たちの冷たい目を父には言わなかった。彼は父の手をぎゅっと握りしめ、庭へ戻った。

第三章

那个崭新的小足球自那天后就再也没有出现过,没有人知道他把它藏到了哪里。然而每每到了放学的时候,他还是会不时循着打闹声往外张望。
それ以来そのほぼ新しいサッカーボールを見かけることはなかった。彼がそれをどこに隠しておいたのか誰も知らない。それでも放課後の時間になると、相変わらず時々外を眺める彼だった。

有时候孩子们的小足球会落到他家的院子里。但每次当他把小足球还给他们时,孩子们却总是连一声道谢都没有就转身跑掉。
子供たちのサッカーボールはたまに彼の家の庭に落ちることがある。なのに彼がそれを子供たちに返した後、彼らはいつも礼の一つも言わないまま逃げてしまう。

男孩并没有对孩子们的这种对待抱有多大的不满,却没料到有一天会冒出来一个“多管闲事”的邻居替自己伸张正义。
男の子は彼らのそういう対応に不満を抱くわけでもない。でもある日、とある“お節介な”ご近所さんが彼の味方になるとは思いもしなかった。

“喂,你们!都不会跟人家说声谢谢的吗!”高大的邻居不知什么时候出现在孩子们的身后,作势要追捕他们。孩子们一边起哄喊他“笨蛋警察”,一边四散逃开。
“おい、てめえら!礼の一つも言わないのか!”図体のでっかいご近所さんはいつの間にか子供たちの背後に立ち、彼らを掴もうとした。子供たちは彼のことを“バカ刑事”と呼びながら、一目散に逃げていった。

他眼明手快地抓住了刚刚接过球的孩子,拎着他的衣领,把他揪回了男孩面前:“好了,道谢呢?”
彼は手早く先ほどボールを受け取った子を捕まえて、その子の襟元を掴んで、男の子の前に連れ戻した。“さあ、礼は?”

被抓住的孩子不情不愿地向他说了声谢谢,而男孩也面无表情地回了句“不客气”。
捕まえられた子はしぶしぶ“ありがとう”と言った、男の子も無表情に“どういたしまして”と返した。

没有察觉出来这诡异气氛的男人松开了手,那孩子没走出两步就回头给了他一个嘲讽的鬼脸
この妙な雰囲気に気付かなかった男は手を離した、その子は走り出して間もなく、振り向いて男に向けてあかんべえをした。

“笨蛋警察叔叔,他在跟你做鬼脸。”男人闻言再次追了上去。看着被吓得落荒而逃的孩子,小天才心中居然觉得有点解气。
“バカ刑事のおじさん、彼はおじさんにあかんべえをしてるよ。”男はそれを聞いてすぐに追いかけた。ビビッて逃げ回るその子を見て、天才ちゃんは少々すっきりした気分になった。

直到孩子跑出院子后,男人才又折返回来,喊住了正打算往屋子里走的男孩,“嘿,小子!是不是没有人跟你玩?要来我家玩玩吗?”
その子を庭から追い出したあと、男はようやく戻って来て、家に入ろうとしている男の子を呼び止めた。“おい、小僧!遊び相手がいないのか?俺ん家で遊ばないか?”

“不用了,谢谢叔叔。”被一语道破的男孩赌气返回屋内。对于这种像是人贩子一般的发言他打心底里觉得不应该和这个大人有过多的纠缠
“いいんです、おじさんありがとう。”見事に図星を指された男の子は意地になって家へ戻った。その人攫いみたいな発言から、心底からこの大人に関わらないほうがいい気がしたのだ。

无视拒绝的男人直接翻过了篱笆,用手顶住了即将关上的门,“哥哥我很擅长玩游戏啦!想玩什么都行,包教包会、奉陪到底!”
男はその拒絶を無視し、塀を飛び越えて、手で閉じかけのドアを止めた。“お兄ちゃんはゲームが得意だ!なんでも教えてやるし、とことん付き合ってやる!”

“叔叔,真的不用了。”男孩躲在半掩的门后,这是他第一次遇到这么难缠的大人。
“おじさん、本当に大丈夫です。”男の子は半分閉じたドアの後ろに隠れた、こんなめんどくさい大人は初めてみた。

“说起来!你从刚刚就一直喊我叔叔!”他夸张地摸了摸自己的脸,说话的重点已经歪到了奇怪的地方,“我看上去有这么老吗!叫我哥哥就好!来,跟着我念一遍,子航哥哥。”
“つかさ!おまえさっきから俺のことおじさん呼ばわりして!”男はわざとらしそうに自分の顔を触ってみた、すでに話が見えない。“俺ってそんなに老けて見えるか?お兄ちゃんって呼びな。よし!復唱しろ、子航兄ちゃん。”

“……子航哥哥。”
“……子航兄ちゃん。”

“没错,就是这样!要记住嘴!”
“そう、それでいい!覚えろよ!”

“好的子航哥哥。我记住了子航哥哥。请问我现在可以关门了吗子航哥哥。”
“はい子航兄ちゃん。覚えました子航兄ちゃん。もうドアを閉めてもいいですか子航兄ちゃん。”

“你啊,老是一个人窝在房间里会长不高的啦
“お前な、いつも部屋に籠ってると大きくなれないぞ!”

听到这里男孩才终于动摇了,抵着门的手稍稍松开了一点,“那就玩国际象棋只玩一局。”
それを聞いて男の子はようやく動揺し始め、ドアにかけた手の力を少し緩めた。“ならチェスで一局だけ。”

“你就不能玩点更小孩子一点的游戏吗!”范子航嘴上虽然这么说,还是兴高采烈地领着他走向了就在隔壁的家。
“もう少し子供っぽい遊びはないのか?!”范子航はそう言いながら、嬉しそうに男の子を連れて隣にある家へ向かった。


第四章

这是男孩第一次被邀请进入别人的家中。他想要装出习以为常的样子,但四处张望的眼神已经出卖了他一
男の子は人の家に誘われたのはこれが初めてだ。彼は慣れた風に装うとしているが、きょろきょろあたりを見回している様子がすでにすべてを語っている。

玄关、客厅的布置虽然和他家里有很大的出入,但整体格局还是相似的。最让他震惊的还是范子航的房间,那在他眼中简直就是被恐龙踩过一脚的灾难现场
玄関やリビングの飾りつけなど彼の家とは大違いだったが、全体的に間取りが似ている。一番驚くべきは范子航の部屋、彼からするとそれはまるで恐竜に踏みつけたあとの災害現場みたいだった。

范子航倒是对此毫不介意,一脸平常地踏过地面上堆积的各种东西走到床边,撅着屁股在床底下翻找起来。
范子航はそのことを少しも気にしていない、平気な顔で床に積み重ねられた様々なものを越えてベッドの所まで歩く、こちらに尻を向けて、ベッドの下を探り始める。

“事先说明,就算对手是小孩,我也不会放水的鸣。还有,看够了就过来帮忙一起找。”
“言っとくけど、相手が子供でも、俺は手加減しないからな。あと、見飽きたら探すのを手伝え。”

男孩只好站着脚尖绕开那些散落的物体,满脸怀疑地问他,“这里真的有棋盘吗?其实我可以回家拿的。”
仕方なく男の子は散らばっているものを避けながら、“ここ本当にチェス盤があるんですか?”と疑った。“僕んちのものを持ってきてもいいんですよ。”

“别急别急,我能确定它就在里面!”范子航说着毫无说服力的话,把仿佛是黑洞一般的床底翻了个遍。看着他这么执着的样子,男孩也只好在一旁协助,帮他把翻出来的东西稍微堆得整齐一点。

“焦るなって、ここにあることは確信してる!”何の信憑性もないことを言いながら、范子航はまるでブラックホールみたいなベッドの下の空間を探し回った。その執念ぶりをみて、男の子は協力するしかなかった、掘り出したものを少しでもきれいに並べるよう協力した。

过了好一阵子,范子航终于从被掏空的床底下翻出来了棋盘,兴奋得像个孩子一般呼喊道:“我找到了!”
ずいぶん経ったあと、彼はようやくすでに空になったのベッドの下からチェス盤を掘り出し、子供みたいに叫んだ、“見つけた!”

惊呼声伴随着头撞到床板的一声巨响响起,他摇着头带着棋盘从床底下爬了出来。在双方都即将摆好棋子之际,他们才发现黑王不见了。
そうしたらドンっと、頭がベッド板に思いっきりぶつかった音がした、彼は頭を押さえながら、チェス盤をもってベッドの下から這い出した。双方駒を並び終えかけた時、黒のキングがないことに気づいた。

“我还是回家拿吧。”
“やっぱり僕の家のを持ってきますよ。”

男孩刚准备起身,没点大人样的邻居就扯住他打开了一盒小熊饼干,挑了一个完整的放在黑王的位置上:“这样就行了!”
男の子は立ち上がろうとしたが、すぐに大人げないご近所さんに引き留められた。彼はこぐまちゃんクッキーを一箱開封し、その中から割れていないクッキーを選び、黒のキングのポジションに置いた。“これでいい!”

这大概是男孩见过的最不按常理出牌的棋盘,
これは多分男の子が見た中で一番非常識なチェス盤だった。

而这局“小熊国际棋”只下了不到10分钟就以他的获胜结束了。
そしてこの"こぐまちゃんチェス"は10分もしない間に、男の子の勝利で幕を閉じた。

“我的妈呀!你这小子也太強了吧!难怪都没有人跟你玩!”范子航一口把被孩子将死的黑王放进口中,像是报仇一般用力地嚼起来。
“嘘だろ!強すぎるだろうお前!どうりで遊び相手がいない訳だ!”范子航は男の子にチェックメイトされた黒のキングを口に放り込むと、まるで腹いせのように力強く咀嚼し始めた。

“那大哥哥为什么要跟我玩呢?”男孩一边看着毫无形象地盘腿席地而坐的邻居,一边下意识地开始收拾棋盘。
“ならお兄さんはどうして僕と遊ぶんですか?”男の子はだらしなく胡坐をかいて座っているご近所さんを見ながら、無意識にチェス盤を片付け始める。

他弹了一下男孩的脑门,把一片小熊饼干塞到了他的口中:“还不是看你太可怜了,刚刚站在门口的时候一副要哭的样子。”
彼は男の子にデコピンを食らわせた、こぐまちゃんクッキーを一個彼の口に放り込む。“お前が可哀そうに見えたからだ、さっきドアの前で泣きそうな顔をしてた。”

“我,我没有……”
“そ、そんなことない……”

他的口吻明显地弱了下去,原本还直勾勾盯着对方看的视线慢慢地移开了,一看上去就知道是在逞强。
彼の口調は明らかに弱まった、さっきまでじろじろ相手を見つめていた目も逸らていて、強がってるのは見え見えだ。

范子航没想到这孩子看上去文文静静,脾气还是挺倔的,便忍不住向他使坏一下,凑到男孩的跟前,“如果你再跟我下一局的话,我就不把你快要哭出来的事说出去!”
この子は物静かに見えるのに、意外に強情だなと范子航は思った、思わず意地悪したくなる、彼は男の子の前に迫ると、“もう一局やってくれるなら、さっきお前が泣きそうだったことを黙っててやる。”

“都说了我没有哭!”
“泣いてないって言ってるでしょう!”

男孩虽然这么狡辩着,还是中了激将法。主动拿了一块小熊饼干放到了黑王的位置上,冷静小大人的形象早已被抛诸脑后。
男の子はそう言い逃れながらも引っかかった。自らこぐまちゃんクッキーを取って、黒のキングの位置に置いた。冷静で大人びたイメージはすでにどこにもなかった。

“很好很好,很有斗志嘛。这次我也不会手下留情啦。”看着男孩恢复精神的样子,范子航欣慰地拍了拍他的头。
“よしよし、闘志に燃えているな!今回も手加減しないぞ!”男の子が元気を取り戻した様子を見て、ご近所さんは嬉しそうに彼の頭を撫でた。

“你明明就很弱。”
“弱いくせに。”

男孩手执白棋率先下了一步,毫不给他留面子地吐槽了一句。
男の子は白い駒をもって真っ先に一本とり、そう呟いた。

“我这是正常水平好吗!明明是你自己太强了!像你这样的孩子在我们这儿,都是要被捉去参加最强大脑的!”
“俺は普通レベルだっての!お前が強すぎるんだろうが!お前みたいなヤツは、最強ブレーンに加える為に捕まるぞ!”

开着玩笑的范子航也紧随其后下了一着。他的棋风与其说是自由随性,不如说就是乱来。
范子航はふざけながらもそれに続けて一手。彼の棋風は自由気ままというより、無茶ぶりそのものだった。

“你下这里很快又会被将死的。”
“ここだとまたすぐにチェックされるよ。”

“有什么关系呢!下棋嘛,开心就好!”
“いいんじゃないか!チェスは楽しけりゃそれでいいんだよ!”

一阵清风徐徐吹过,窗外喧闹声依然。但两人之间仿佛只剩下不时的落子声,以及掺杂其中的零散的咀嚼声响。
風が吹いていく、窓の外は相変わらず騒々しかった。しかし二人の間には駒音と時折クッキーの咀嚼音だけが響いていた。

第五章

自从那天之后,天才男孩就成为了笨蛋警察家的常客。
その日以來、天才少年はバカな刑亊の家の常連になった。

范子航依然还是每天都早早下班,而且还会在回家之前先把隔壁家的男孩领上。他的妈妈不时会数落他,一把年纪了还只会跟小孩子玩,但对男孩的态度却十分和蔼,每每有什么好吃的点心都会给他留上一份。
范子航は相変わらず毎日早く仕亊を終え、家に帰る前に隣の家の男の子を家に連れてくる。彼の母親はときどき年をとっても子供としか遊べないと彼をからかったが、男の子に対する態度はとても優しく、何かおいしいお菓子があるたびに、彼の分をとっておいてくれた。

他们总是坐在一起吃吃点心、玩玩游戏,还算和睦有爱,唯独聊天的内容无论用什么话题开头都会迎来相同的结局。
彼らはいつも一緒に座ってお菓子を食べたり、ゲームをしたりして仲良く過ごしていたが、会話の内容はどんな話題で始まっても同じ結末を迎えていた。

“你看看你,都多大的人了还一副游手好闲的样子。”
「ほら、幾つになっても遊んでますって顔をして。」

“妈,我那职位当然是闲着才好啊!那就证明天下太平、百姓安乐。”
「母さん、俺の仕事は暇な方が良いんだよ!天下泰平、庶民の安寧の証だからな。」

刘阿姨可听不得他扯这些嘴皮子。他越是这么说,她就越是着急,觉得自己这傻儿子怕是到她百年归老之前,都不能安安稳稳地组建出一个好家庭了。
おばさんは彼がそんなことを言うのを聞いてはいられない。彼がそう言えば言うほど、彼女は自分の愚息が、もしかしたら自分が百歳になって老いてしまうまで、安定した家庭を築くことができないのではないかという不安に駆られた。

事实证明,墨菲定律是确确切切地存在的。人们越是担心的事,往往就越会发生。
マーフィーの法則は確実に存在するという事実が明らかになった。人は心配すればするほど、そういうことが起こりがちなのだ。

就像是这天晚上,范子航沾染着一身酒气走进了小区。他的眼眶红红的,也看不出来是哭的还是醉的。
この日の夜は、范子航は酒臭い息を吐きながら住宅街に入った。泣いているのか酔っているのかわからないほど、目は真っ赤だった。

就在几个小时前,他在上班途中收到了已经交往好几年的女友的短信。短信里的内容言简意赅,就是说要跟他分手。他紧张得不停打电话。
つい數時間前、勤務時間中に、数年前から付き合っている彼女からメッセージが屆いた。メッセージの内容は簡潔で、彼と別れるということだった。彼は緊張してしきりに電話をかけていた。

过去,却直到手机断电关机都没有联系上突然告别的女友。
結局、携帯電話の電源が切れるまで、突然別れた彼女とは連絡が取れなかった。

他醉醺醺地扶着墙往前走,因为找不到钥匙而开始狂撼门铃。
酔ったように壁に手をついて歩き、鍵が見つからないのでベルを乱暴に鳴らし始めた。

在一阵连续不停的叮咚声之门终于打开了。
しばらく鳴りやまなかったが、ようやく扉が開いた。

出来的是满脸嫌弃的男孩。
出てきたのは、嫌そうな顔をした男の子だった。

“嗯?怎么是你?”范子航这才发现自己走错门了,便干脆自暴自弃地蹲下来抱住他,一把鼻涕一把泪地上演自己的悲情戏,“小子你说嘛!哥哥我这么高大又英俊,怎么会被人用呢!
「えっ?どうしたの?」范子航はようやく自分がドアを間違えていたことに気づいた。自棄になってしゃがみこんで抱きつき、鼻水をすすりながら自分の情けない話を演じてみせると、「なに言ってるんだよ、お兄ちゃん、こんなに背が高くてハンサムなのに、どうして人に使われるの!」

男孩都快要被他的酒气熏倒了。在他怀里又推又打地猛烈挣扎但还是没有拗过对方的蛮力。为了能尽快逃出生天,他想了想、觉得还是先如实地回答他的问题为妙。
男の子はその酒臭さに息がつまりそうになった。彼の腕の中で押したり殴ったりしてもがいたが、相手の馬鹿力には勝てなかった。一刻も早くこの中から抜け出すためには、彼の疑問に正直に荅えておいたほうがいいと思った。

“说实话,像你这样和小孩子玩游戏都会要赖的大人,我觉得被甩也不是什么奇怪的事。”
「正直なところ、あなたみたいな子供相手にゲームをしていても頼りになるような大人は、振られてもおかしくないと思う」

“这种时候我需要的是安慰啊!有你这么损朋友的吗!”范子航抬起了他涕泪纵横的脸,对着男孩一顿念叨,但孩子只掌握到了他的话里唯一一个重点--
「こういうときに必要なのは慰めなんだよ!そんな友達を傷つけるような事を言うやつがいるか!」范子航は涙に濡れた顔を上げ、男の子に向かって言った。しかし、男の子は彼の言葉の中で唯一の重要なポイントしか把握していなかった。

“我们是朋友吗?”男孩的这个问题问得尤其诚恳,给范子航受伤的心灵上又加上了一记重击。
「ぼくたちは友達なんですか?」男の子のその質問は、とても真剣で、范子航の傷ついた心に一撃を加えた。

“我说你这小子也太没良心了吧!不是朋友的话我还天天陪你下棋被你虐菜啦!”
「お前っていう奴は!友達じゃなかったら、毎日チェスの相手をしてやってたのは何だったんだ!」

男孩这才一副恍然大悟的样子,连眼神都明亮了起来,小声地念了一句,“原来朋友就是这样的关系吗?”
男の子は初めて気がついたように、目を輝かせ、小さな声でつぶやいた。「友達ってそういうものなの?」

“我说,你小子的重点也跑得太偏了……”看着他一副解开了什么世纪难题的样子,范子航不禁笑出了声。原本头上带着的愁云惨雾,也在不知不觉间消散得差不多了。
「あのなあ、おまえ、ポイントがずれ過ぎてるんだよなあ……」世紀の難問を觧いたような顔をしているのを見て、范子航は思わず吹き出した。頭にかかっていた憂いも、いつの間にかほとんど消えていた。

“这可是你的荣幸啊小子,第一个朋友就是我这么厉害的刑警!”
「それは光栄だな、小僧、最初の友人は俺のような淒腕の刑亊だ!」

“嗯,是一个被女朋友甩了就会扯着小孩子哭鼻子的没用大人。”在这段时间的相处中,男孩早就已经没有了一开始时彬彬有礼的模样,基本上什么时候都跟范子航抬杠到底。
「まあ、ガールフレンドに振られたからって、子供に抱きついて泣いてるような役立たずの大人だけどね。」これまでの付き合いで、男の子は最初の頃の丁寧な様子はとっくになくなっていて、基本的にいつだって范子航に最後までつきあっていた。

“你这小子有时候真的是一点都不可爱啊!人不经历点血与泪,怎么会得到成长呢!”范子航狠狠地揉了揉他毛绒绒的小脑袋,对他的未来充满了未知的期待,“不管是你还是我,总有一天,都会成为很厉害的人!”
「おまえって、ときどき本当にかわいくないガキだな。血と涙を経験しないと、人間は成長できないんだよ!」范子航は、彼のベルベットのような小さな頭を撫でまわした、彼の将来に対する未知なる期待に満ちている。「お前も俺も、いつかはすごい人間になるぞ!」

他知道他们的生命轨迹只有在这段时间里短暂地相交,他知道他们终会走上完全不一样的人生道路。
彼は、二人の生涯がほんの短い間しか交わらないことを知っていた。二人がいつかは全く違う道を辿ることを知っていた。

但是至少此时此刻,他们还能像这样哭着笑、笑着哭,相互扶持。
しかし少なくとも今この瞬間だけは、こんなふうに泣いたり笑ったり、笑ったり泣いたりしながら、お互いを支え合うことができる。

我的情敌哥哥[編集]

(僕のライバルのお兄ちゃん)

7岁的孩子和26岁的他之间的斗争,一触即发。
7歳の子供と26歳の彼の闘い、一触即発。

テキスト画像

第一章

我有一个很强很强的情敌,叫许墨。
班上的女生都喜欢她,包括娜娜。我原本以为 她会和其他女生不一样,但没想到她最近也开 始成天说什么要成为许墨的新娘子。
她们的花痴行为让我感到相当的不解和反感。 不就是一个现在比我高一点、帅一点、聪明一 点的男人吗?我肯定我长大之后绝对都能超过他。
这话可不是我自己乱说的,而是饭堂的张阿姨 说的。她总会在我抱怨的时候偷偷地多给我一 颗水果糖,然后说:"小凯现在还是长身体的时 候,只要好好吃饭,总有一天会长得比许教授 更高更帅哦!”
我是多么希望班上的女生都能像张阿姨一般理 性一点,而不是每次前一天听到许墨要来,第二天就都起得早早的挤在镜子前打扮。
一般情況下,娜娜头花上的蝴蝶结都是我帮她 绑的。我敢说,班上绑蝴蝶结的手艺我敢认第 二,就绝对没人敢认第一。
然而,自从许墨有一次也帮娜娜绑过小头花之 后,她就开始嫌我绑得不好看了,天天都在闹 别扭、等着那个半个月才来一次的男人帮她绑这个男人的出现频率比只在周末播出的五色战 队还要低,但在女生中的人气却始终居高不下 。每次他来的时候,其实无非都是给我们说说 故事、翻翻花绳、偶尔再上个科学小课堂、表演个小魔术什么的。
女生们似乎从来都不在乎许墨给她们讲的是什 么,毕竟我看出来了她们听课时根本就是满脸都写着没听懂”。
他倒是教得很是认真,把那些本来就很浅显直 白的知识点拆解得更加浅显直白。我不知道那 也算是乐趣,但女生们好像都特别热衷于听他 把一个知识点换着法子说三次。
明天又是他过来探望我们的日子了,我决定这次绝对不能再让他抢尽风头。

第二章

女生们一如既往地早早地起来迎接许墨,娜娜 也不例外。
让她们没料到的是,许墨这次是带着一个好看 的大姐姐一起来的。两个人走得很近,和之前 作为随行老师带过来的人总有微妙的不一样。
“我知道了这个大姐姐是许墨哥哥的女朋友!”
男生们立马跟着我纷纷起哄,而女生们则对此 一片争论。大姐姐在一旁忙得摇头否认,但许 墨却只是笑咪咪地盯着她看,明眼人都能看出 来是对人家有意思。
“你可别胡说!我可是许墨哥哥的新娘子!” “就是就是!许墨哥哥还给我送过小糖果呢!” “你那个是人人有份的,我这里还有许墨哥哥奖 励我的画笔!"
大家你一言我一语地说出来,场面如我想象中 一般乱成了锅。许墨倒还是不急不躁的样子 就像是大人们经常说的“
情场高手”。
在大家还忙着争论的期间,他不动声色地在那 个大姐姐耳边说了三言两语。大姐姐脸上的红 學一下子变得更红了,不用多想都能知道他肯 定是说了什么羞羞的话。
娜娜似乎也看到了许墨的这个举动,哇的一声 就哭了出来。我还心想这是一个让她甩掉许墨 的大好机会,便又得意洋洋地补了一句,“哭也 没用了,许墨哥哥的新娘子不是你了。”
这一下娜娜哭得更凶了,整张脸都涨得通红。
看着她这么难过的样子,我似乎又有点过意不 去了,但一想到这个时候心软就输了,于是死 活没有拿出紧紧操在小口袋里的手帕去哄她。
没想到这下反被许墨先下手为强了。明明前一 秒还在大姐姐身边的他下一秒就瞬移到了娜娜 的身旁,手里还多了一个不知道什么时候拿出 来的小头花。
“来来,不哭了。像娜娜这么可爱的女孩子,以 后肯定很多男孩子争着要娶你的。”帮娜娜绑好 头花后,许墨还揉了揉她的头。
仿佛是被按到了什么开关一般,哭得梨花带雨 的娜娜一下子就止住了哭声、破涕为笑了。
看着她又在这个男人的手下露出从来不对我显 露半点的微笑,我实在是忍无可忍了,暗下决 心要在之后扳回一局!

第三章

可能是大姐姐提的要求,许墨难得和我们一起 上了一节体育课。
看着他一副文文弱弱的样子,我认为这是我在 娜娜面前扭转形象的一个大好机会。
遗憾的是,我的抽签运还是一如既往的差。我 抽到了和大姐姐一组,而我们的对手正好是娜 娜和许墨。
看着娜娜牵着许墨的手兴奋得一蹦三丈高的样 子,我默默地咬了咬牙,暗自在心中拟定等一 下的作战计划。
在比赛之前,我拉着大姐姐的手、踮着脚尖在 她耳边大致说了一下比赛战略。大姐姐意外地 一副跃跃欲试的样子,让我多少松了一口气。
要知道,如果她也是个许墨迷妹的话,那我这 个“
集中火力往许墨哥哥脸上”的作战方案就 肯定要胎死腹中了。
在比赛正式开始之前,我紧紧握住了大姐姐的 手许下了我的宏伟目标:“漂亮的大姐姐,我们 一定要赢下这场比赛!
哨声响起,我们两个人就一起集中火力往许墨 身上砸球。大姐姐比想象中的还要配合,只是 没想到许墨这家伙居然在平时隐藏实力,运动 神经也好得惊人。
他灵活得像是跳跳虎一般迈着大长腿左闪右跳我们奋力扔出去的小球居然一个都没有碰在 他身上。就在战况进行得正激烈之际,大姐姐 不慎被娜娜扔过来的球砸中了,只能遗憾退场这是我低估了女人之间战斗的一时失策,但是 这并不代表我和许墨之间的对决会就此落幕。
我一个人在场上继承着两个人的决心,轮圆了 手臂挥舞着手上的小球。发球的速度加快之后 准确度难免会有所下降,只是我没料到自己居 然会一下手滑,把小球往娜娜的方向砸去。
“娜娜小心!”
虽然在赛场上提醒对手是大忌,但在那种情况 下我已经顾不上那么多了。可怜的娜娜被迎面 飞来的小球吓得愣在了原地,而许墨则从赛场的另一边冲过来帮她挡下了。
“娜娜,没事吧?”
“嗯,没事。可是许墨哥哥被球砸到了,是不是 很疼啊...娜娜帮你吹一下吧,吹一下痛痛就 会飞走了!“娜娜说这话的时候急得都快要哭出 来了,仿佛那球是碰到她身上的一样。
“嗯,那就麻烦娜娜了。许墨居然还真的把手 臂递到了娜娜跟前,让她捧着小心翼翼地吹了 好一阵子才退场。
娜娜虽然人还在赛场上,但心老早就跟着许墨 跑了。在看到许墨领着大姐姐离开体育馆的时 候,她更是整个人都失去了斗志,撒气一般把 球砸到了地上,不玩了不玩了,你赢了!
对于这场无缘无故获胜的比赛,我心里很不是滋味,
心想,究竟要捉到许墨什么证据,才能让娜娜 彻底对他死心呢。

第四章

中午,大家都回到了宿舍午休。但我还背负着 没有完成的任务,还不能理下!
我偷偷地,趁着值日老师打盹的间隙溜出了官 舍,四处寻找许墨。
湖边、小树林这些适合带着女朋友去逛的地方 都没有看到许墨和大姐姐的身影。我只好不抱 希望地回到教室,没想到发现了意外的收获只见两位目标都完全丧失了战斗力地趴在桌面 上,看起来应该是睡着了。
为了捕捉到这样具有历史性价值的画面,在出 来前,我就特意偷偷地摸走了值日老师放在桌 上的手机。毕竟口说无凭,我得用实际的证明 去让娜娜对许墨死心。
我小心翼翼地点开了拍照的按钮,对准了许墨 和大姐姐擦一声拍了张恩恩爱爱的照片。
等等,为什么会有咔擦一声?!
我慌乱地捣鼓着手机,但又错手多按了几下拍 照的按钮。昨擦咔擦的声音在教室里回响,在 我找到原因之前,许墨就已经被吵醒了。
我尴尬地和他四目相对,心想这个男人根本就 只是在装睡,不然怎么可能被这么小的声音吵醒呢!
他把手指放在嘴边做了一个禁音的手势,又拿 过了我手中的手机翻看起我刚刚好不容易拍下的实证。
就在我以为这些照片要被毁尸灭迹之际,许墨 居然把手机还给了我,压低了声音说道:"嗯, 拍得不错。可是这个手机,不是你们刘老师的为了死命守住这证据,我只好撒了一个小小的 谎话:“那,那是因为我今天表现好!老师奖励 我玩的!”
“你看,姐姐她也很累了。如果你现在菲菲离开 的话,我可以再给你一个奖励。”
“那好!如果你如实回答我一个问题的话,我马 上就离开!没想到我也还能等到和许墨一对一 谈条件的一天,这样的大好机会我自然是要问 点特别重要的问题。
“嗯,你说说看。”
“你是怎么看娜娜的?”对于我来说,这可是一 个极其重要的问题。
“是个很乖的小女孩。而且跟你说个小秘密吧, 比起粉红色,她更喜欢柠檬黄。”
柠檬黄。
我默默地记在心中,才想起来娜娜的确很喜欢 收藏些柠檬黄的小东西。我还曾经以为那都是 因为许送她的她才这么珍惜。
正所谓机不可失时不再来。眼看大姐姐根本不 会这么快醒来,我捉紧机会想来个乘胜追击: 那大姐姐是你的女朋友吗!”
可许墨果然是个精明得不要不要的的男人,说 一就是一,一点都不让人占点便宜,不是说好 了只有一个问题吗?”
哼,一个就一个,反正我已经知道了娜娜喜欢 柠檬黄了,我无所畏惧!
这么想着,我擦着手机大步离开了教室。
再回头的时候许墨又已经伏在大姐姐的隔壁装睡了。

消失的遇难者[編集]

(消えた犠牲者)

19年前的那辆车,带走的不仅是奄奄一息的他,还有关于那场车祸的所有真相。
19年前のその車は、瀕死の重傷にしただけではない、交通事故にはまだ真相がある。

テキスト画像

第一章

最近,局里的小姑娘们都迷上了一档叫《发现奇迹》的综艺节目。到了午饭时间,老是一伙人扎堆挤在电脑屏幕前,看得惊呼阵阵。
最近、局の女の子たちは《奇跡発見》という番組に夢中になっている。お昼休みになると、いつもパソコンのモニターの前に集まっている子達が目を丸くしている。

我抱着好奇的心态凑过去瞄了一眼,小姑娘们立即就扯着我卖起了安利。
好奇心に駆られて覗き込むと、女の子たちはすぐに俺を引っ張って布教を始めた。

“范队,你也看这个节目吗?”
「范隊長、この番組を見るんですか?」

“这期的嘉宾可是许教授啦,长得可帅啦!”
「今期のゲストは许教授ですよ、イケメンです!」

我无奈地摇了摇头,“你们啊,一天到晚就只会看脸。
俺は仕方なく首を振り、「おまえら、一日中顔ばかり見ているな。」

“范队,话可不能这么说啊!人家许教授可是年纪轻轻就当上脑科学家了。”
「范隊長、そんなこと言っちゃ駄目ですよ。许教授は若くして脳科斈者になったんだから。」

“就是就是!还是恋语大学的客座教授呢!”
「そうです!恋语大斈の客員教授ですよ!」

“哎,想当年我要是有长得这么好看的老师,肯定也好好学习天天向上了。”
「あぁ、こんなに奇麗な先生がいたら、きっと私もちゃんと勉強していたと思います。」

看着小姑娘们你一言我一语地说起来,我不禁打趣了一句,“你们现在不也有个长得好看的上司吗?从现在开始努力也不迟。”
女の子たちが一言ずつ喋っているのを見ていると、俺は思わず面白くなくなって、「お前達にも、顔のいい上司がいるだろう。これから頑張っても遅くないぞ」。

话音刚落她们的惊呼声就完全盖过了我的话。看来屏幕上出现的这个青年才俊就是她们口中的“许教授”了。看着他文质彬彬的举止和温柔如水的眉目,我居然觉得有几分似曾相识的感觉。
その途端、彼女達の驚きの声が俺の言葉を完全にかき消した。モニターに映し出されたこの俊才の青年、彼女たちが口にした「许教授」だったようだ。丁寧な物腰と優しげな目鼻立ちを見ていると、どこか既視感に似たものを感じる。

“快看!范队都看呆了!
「見て、范隊長が見とれてる!」

“我们说得没错吧,是不是特别有气质!”
「私達の言ったとおりでしょ、妙に気品がありますよね!」

回忆中那个小子的弯弯笑眼和屏幕上的人重叠在一起。那个已经快要石沉大海的悬案,居然在事隔多年后让我看到了新的转机。即便明知道几率微乎其微,我还是想要把握住这条新的。
思い出の中のあの小僧の曲がった笑った時の目がモニターの人物と重なった。それは迷宮入り寸前の未觧決事件だったが、それから何年も経って、俺に新しい転機を見せてくれた。わずかな確率だとわかっていても、この新しい手掛かりを掴みたかった。

线索。
手がかり。

“他叫什么来着?”
「名前は何といったっけ?」

“哟,范队刚刚不还一副没兴趣的样子吗?”小姑娘们看着我态度的转变,一下就来了兴致,滔滔不绝地开始介绍起他来,“他叫许墨,是留洋归来的脑科学家。听说他二十几岁时发布的论文就已经被刊登在了国际知名的科学杂志上……”
「あれ、范隊長はついさっきまで興味なさそうな顔してませんでした?」女の子たちは俺の態度の変化を見て、すぐに興味を持ったらしく、饒舌に彼を紹介し始めた。「名前は许墨といって、西洋帰りの脳科学者です。二十代の頃に発表した論文は、すでに国際的に有名な科斈雑誌に掲載されていたそうですが……」

“这不是和那小子一样聪明吗。”我小声嘀咕了一句,心中的希望又明朗了几分。
「あいつに負けないくらい頭がいいじゃないか」と呟くと、希望が見えた気がした。

虽然名字对不上号,但要是那孩子的确在19年前的事件中幸存下来的话,感觉就会活出这样的人生轨迹。
名前は合わないが、あの子が19年前の事件で生き殘っていたら、そういう人生を辿って生きていたような気がする。

“大叔我都已经好好努力了,你小子这些年来有好好加油吗?”
「おじさんも頑張ってきたけど、あいつもここ数年頑張ってきたのだろうか?」

即便无法找到确定的证据去把19年前的事件全貌公诸于世,我也至少要给那小子和他的家人还一个明明白白的真相。
たとえ19年前の事件の全貎を明らかにする確たる証拠が見つからなくても、少なくともあいつとその家族には明白な事実を与えてやりたい。

在血泪夹杂的残酷现实和无处可寻的真相之下
血と涙にまみれた厳しい現実と、どこにもない真実の下で

过去的我终于决定在荒度时日的混沌中走出来,步步深入到深不见底的真理之渊之中。
それまでの俺はついに荒廃した混沌の中から抜け出し、底知れぬ真理の淵に踏み込むことにした。

第二章

夜里,我又梦到了那天。
その夜、俺はまたあの日の夢を見た。

是那小子7岁生日的日子。
あいつの7歳の誕生日だった。

那天早上他和爸妈早早地就出门了。在离开之前,特意来给我送了晚上生日会的邀请函。
その日の朝、彼は両親とともに早く家を出た。出かける前に、わざわざ今晩の誕生日会の招待状を持ってきてくれた。

明明难得露出小孩子该有的天真笑容,他的嘴上依然不饶人地说着一点都不可爱的话,“我跟爸爸说过了,今晚可以让他教你下棋。你的棋艺再不提升一下的话,我都不知道该怎么和你下了。”
珍しく子供らしい無邪気な笑みを浮かべているのに、その口元は相変わらず可愛げのないことを言っている「お父さんにも言ったけど、今夜はチェスを教えてあげてもいいよ。あなたの腕がもっと上がらないと、僕もあなたとどうやっていいかわからなくなるし。」

我毫不客气地抢过他手中的邀请函,故意挑衅道,“你就迁就一下吧小天才,谁让你只有我愿意跟你下棋了呢。”
俺は遠慮なく彼の手から招待状を奪い取り、わざと挑発的な口調で言った。「お前はもう少し大目に見ろ、誰がお前とチェスをやりたいといったんだ。」

他赌气地跑回了在不远处等着他的爸妈身边,牵起他们的手有说有笑地离开。
少し離れたところで待っている両親のところに駆け戻り、手を取って笑いながら去っていった。

我很少见这对忙碌的夫妇会一起在周末陪孩子出门,想必是为了他的生日特意一起请了假。
忙しい夫婦が揃って週末に子供と一緒に出かけることは滅多にない。彼の誕生日のためにわざわざ休暇を取ったのだろう。

“小子,玩得开心点!”
「小僧、楽しんで來いよ!」

“嗯。”
「うん。」

“还有,生日快乐!”
「それから、誕生日おめでとう!」

“谢谢范哥哥。”
「ありがとう、范兄さん。」

他的爸妈和他一起转过头来跟我挥手道别,三个人的笑容在阳光下熠生辉。
父親と母親が一緒に振り返って手を振ってくれて、3人の笑顔は日の光の下で輝いていた。

之后想来,我本该在那时就先把生日礼物交给他的。
後から思えば、俺はあのとき誕生日プレゼントを渡しておくべきだった。

那是一套在孩子们之间很受欢迎的科幻小说。我经常看到院子里其他孩子聚在一起讨论。虽然不知道那小子喜不喜欢看他那些高深的科学读物以外的书籍,但我觉得让他接触一点同龄人喜欢的东西也没有什么坏处。
それは子供たちの間で人気のあるSF小説だった。庭で他の子供たちが集まって話し合っているのをよく見かけた。あいつが科学以外の本を読むのが好きなのかどうかはわからないが、同世代の好きなものに少しでも触れさせてやるのも悪くないと思った。

他还只是个孩子而已,我还是打心底里希望他能活得更像个孩子一点。
彼はまだほんの子供で、俺は心の底から彼がもう少し子供らしく生きてくれることを望んでいた。

然而,这个没有说出口的愿望,被那场车祸彻底打破了。
しかし、口に出さなかったその願いは、あの事故によって完全に打ち砕かれた。

那个本该充斥着礼物、蛋糕、生日歌声的傍晚只迎来了浙浙沥沥的雨和柏油马路上冲刷不掉的血迹。
プレゼントやケーキやバースデーソングの音であふれていたはずの夕暮れは、雨とアスファルトに洗い流されることのない血痕だけを迎えた。

救护车、警车的鸣笛声交织在一起,混杂着路人的尖叫声合奏出最为凄厉的背景乐。
救急車とパトカーのサイレンが交錯し、通行人の悲鳴が入り混じって淒まじいBGMを奏でていた。

第三章

“天啊,太恐怖了!那两个人浑身都是血!”
「なんてこった、恐ろしい!あのふたりは血まみれだ!」

“走吧走吧,怪可怜的。”
「行きましょう、可哀そうに。」

围观的人群小声地议论着,对素不相识的受害者投以同情。
見物人たちは小声で囁きき合い、見ず知らずの被害者に同情を寄せた。

事故发生在我们小区外的马路上,我在接到任务之后就迅速赶往了现场。在看到伤亡者名字的时候,我既震惊又心存一丝侥幸、暗自祈祷着那只是刚好同名同姓的人。然而当我确认过现场被置上白布的两具尸体时,心瞬间就凉透了ーー
自己が起きたのは俺たちの居住区の外の道路で、俺は任務を受けてすぐに現場に向かった。犠牲者の名前を見たとき、俺はショックを受けながらも、たまたま同姓同名の人間であってほしいという一抹の僥倖を願った。しかし、現場に白布をかけられた二つの死体を確認したとき、俺の心は一瞬にして冷えたーー

那就是天才小子的父母。
それは天才少年の両親だった。

早上还用溫柔的笑容和我打招呼的夫妇二人。转眼就冷冰冰地躺在了血泊之中。我不敢想象那么小的孩子要如何去面对这般残酷的现实。抑制不住的泪水混着雨水湖湿了我的脸。
朝から優しい笑顔で声をかけてくれた夫婦二人。あっという間に血の海の中に冷たく横たわっている。あんな小さな子供が、こんな殘酷な現実にどう向き合うのか想像もつかない。抑えきれない涙が雨に混じって俺の顔を濡らした。

队长过来拍了拍我的肩膀,压低了声音安慰了一句,“收拾好情绪,好好调查。”
隊長がやってきて俺の肩を叩き、声をひそめて慰めるように言った。「気持ちを落ち着かせて、よく調べてくれ。」

我默默地点点头,抬起手胡乱地抹了一把眼泪转而开始给目击者做笔录。
俺は黙ってうなずくと、手を上げて涙を拭い、目撃者のメモを取り始めた。

目击者是附近一个报摊的老板,45岁左右。他整个人都还处于惊魂未定的状态之中,全程都抱着手时瑟瑟发抖。
目撃者は近くの新聞売店のオーナーで45歳前後。彼はまだ全身の力が抜けきっていなかった。腕を組んだまま震えていた。

期间,我还问过他要不要先休息一下之后再补录,他只重复地摇头说既然要录就趁早录了,之后再也不想回忆起这么可怕的画面。
その間に、ちょっと休んでからお聞きしましょうかとも聞いたが、話すなら早いうちに話しますと首を振るだけで、その後は二度とこんな恐ろしい映像は思い出したくないと言った。

根据他的描述,事故发生源于一辆失控的大货车。暂时还不确定失控原因是人为,还是客观的天雨路滑。
彼の説明によると,事故は暴走した大型トラックによって起こった。暴走の原因が人為的なものなのか、それとも客観的な雨によるスリップなのかはまだわからない。

在意识到大货车出现问题之后,司机还紧急地尝试过打盗转向,但最终还是撞上了斑马线上的一家三口。
大型トラックのトラブルに気づいたドライバーは慌ててステアリングを切ろうとしたが、横断歩道の家族3人にぶつかってしまった。

三个人都被撞飞出去好一段距离,倒下的地方没过片刻就已经汇成了一片血泊。
三人ともかなりの距離を吹き飛ばされ、倒れた場所は一瞬のうちに血だまりになっていた。

之后的事,报摊老板表示自己因为害怕就没有再留意了。
その後のことについては、「怖くて見ていられなかった」という。

我把他转交给医务人员安抚情绪后,继续开始为下一个目击者做笔录。
俺は彼を医療スタッフに引き渡して気持ちを落ち着かせると、次の目撃者のためのメモを取り始めた。

所有目击者叙述的画面都大同小异。从现场的种种迹象来看,这场悲剧很有可能只是一起音通的交通意外事故。
目撃者が語った場面は、どれも似たようなものだった。現場の様子からすると、この悲劇は単なる音通の交通事故である可能性が高い。

当我完成所有笔录之后,现场也已经被清理得差不多了。我在交接好工作之后打听了一下那小子被送到了那家医院,却被告知在现场并没有发现受伤的儿童。
俺がすべての調書を書き終えたときには、現場もほとんど片付けられていた。仕事の引き継ぎが終わってから、あいつがどの病院に運ばれたかを聞いてみたが、現場で怪我をした子供は見つからなかったと言われた。

“怎么可能!那边上的素描本就是他的啊!一个小孩子都受那么重的伤了,还能到哪里去!”
「そんな馬鹿な!あのスケッチブックはあいつのだ!そんなひどい恠我をして、どこに行けるっていうんだ!」

我激动地指着从现场收集到的证物,那里边有一本染血的素描本。我一眼就能认出来这是那小子整天带在身边的那本,因为封面上画的那个花环是他的得意之作,和他今天早上给我的生日会邀请卡上画的如出一辙。
俺は興奮して現場から集められた証拠品を指差した。そこには血に染まったスケッチブックがあった。表紙に描かれている花輪は、今朝俺が貰った誕生日パーティーの招待状に描かれていたものとまったく同じものだったから、俺にはすぐにそれがあの少年が一日中う持ち歩いていたものだとわかった。

他在事发时肯定就在现场,而且绝对不可能自己离开。
彼は事件当時、現場にいたに違いないし、自分で離れる事は絶対に不可能だ。

“现场已经都调查过了吗?还有没有什么可疑或者疏漏了的地方?”
「現場はすべて調べたのか?他に不審な点や見落としはなかったのか?」

“目击者不也都说了当时出现在现场的是一家三口吗?肯定还有一个孩子才对!
「目撃者も、現場に居たのは家族三人だと言っていただろう?もう一人子供が居たはずだ!」

“事故发生多久之后才封锁现场的?是不是在这之前孩子被带走了?”
「事故からどのくらい経ってから現場を封鎖したんだ?その前に子供が連れ去られたんじゃないのか?」

我一连串地抛出了疑点,但同事们的表情始终只有不解和茫然。情急之下,心急如焚的我只好独自去调看了当时的监控录像,却没有发现事发前后有任何可疑的人物进出过现场。
俺は次々と疑問点を投げかけたが、同僚たちの表情はあくまでも戸惑いと茫然としたものだった。焦った俺は、一人で当時の防犯カメラの映像を見に行ったが、事件の前後に不審な人物が現場に出入りした形跡はなかった。

对于他的下落,我没有丝毫头绪,只能抱着仅存的希望一个一个地联系上了他的亲属。
彼の行方については何もわからなかったので、わずかな希望を持って一人一人彼の親族に連絡を取っていった。

他们基本上都不是本市人,大部分甚至还不知道他们一家发生了这样的意外,更别说是孩子的下落。——安抚好他们的情绪之后,我颜然地挂断了电话,只身回到了事发现场。
彼らは基本的にこの市の住人ではなく、彼ら一家にこのような事故が起きたことすら知らない者がほとんどで、ましてや子供の行方など知る由もなかった。ー——彼らの気持ちをなだめてから、俺は渋々電話を切り、一人で現場に戻った。

驻扎的警车早已离开,柏油马路上的痕迹也被雨水冲刷得一干二净。一切都归于平静,仿佛什么事都没有发生,唯有心头上挥之不去的悲提醒着我事件还没有结束--
駐車していたパトカーはとっくに出払っていて、アスファルトの道路の跡も雨に洗われていた。何事もなかったかのように、すべてが平穏に帰っていった。ただ、心の中にある悲しみだけが、事件がまだ終わっていないことを思い出させた。

突发的车祸、失踪的孩子、不知情的亲属,一切都似乎在提醒着我这绝非是一起简单的交通事故。
突然の交通事故、行方不明の子供、事情を知らない親族、すべてが単なる通事事故ではないことを思い出させてくれるようだった。

我毫无条理地在事发地附近进行搜索,无数次想象那个小机灵鬼会在哪个暗处突然扑出来,跟我说这一切都只是他一时的恶作剧。
俺は闇雲に事件現場の近くを捜索しながら、どこかの暗がりからあの小さな利口者が飛び出してきて、これはすべて彼の一時的ないたずらにすぎないと言い出すのではないかと何度も想像した。

然而,事情并没有如此发生,我里里外外地搜遍了大街小巷中的各个角落之后,依然一无所获。
しかし、そんなことは起こらなかった。俺は街のあちこちを探したが、やはり何も見つからなかった。

最后,我筋疲力尽地坐在路边,看着那漆黑的天际开始层层泛起鱼肚白。
とうとう俺は疲れ菓てて道端に腰をおろし、真っ暗な空が次々に白み始めるのを眺めていた。

天亮了,然而事情的真相却永远藏在了那个黑夜中。
夜は明けたが、事件の真相はいつまでもその闇の中に隠されたままだった。

一切的希望与绝望分崩离析,只剩下了迷雾般的疑团。
すべての希望と絶望が分断され、霧のような疑惑だけが殘った。

第四章

第二天一早,我脸都来不及洗就去报摊买下了当天各个报社的报纸,认真地找出了里面关于这件事件的报道。
翌朝、俺は顔を洗う暇もなく新聞屋に行き、その日の各新聞社の新聞を買い、その中から事件に関する記事を丹念に探し出した。

因为被暂定为普通的交通事故,报道的篇幅基本上都很短,而且,都被放在了不起眼的边角上。
一般的な交通事故として扱われているため、記事は基本的に短く、目立たない隅に置かれていた。

“本报讯,恋语市中心区域于15日下午6时发生了一起货车撞人交通事故,致两人当场死亡。接报后,公安、交通、医疗等相关部门迅速赶往事发现场,展开调查。经初步调查所得,事故为大卡车刹车系统失控所致,但暂时未能排除是否有人为因素。肇事司机已被公安部门带回,事故原因仍在进一步调查之中。”
「本紙によると、恋语市の中心部で15日午後6時ごろ、トラックが人をはね、2人が死亡した。報告を受けた公安、交通、醫療などの関連各署が現場に急行し、捜査に乗り出した。調査の結菓、事故は大型トラックのブレーキシステムが暴赱したことによるものと判明したが、人的要因の可能性は排除できなかった。運転手はすでに公安部に連行されており、事故原因はさらに調査中です。」

我合上了最后一份报纸,颜然地发现并没有任何一篇报道中提及了失踪的孩子。
最後の新聞を閉じてみると、行方不明になった子供のことを書いた記事は一つもなかった。

他就像是人间蒸发了一般,除了我以外再也没人记得他的存在。
まるで蒸発してしまったかのように、俺以外の誰も彼の存在を覚えていなかった。

我不能容忍这件事就这样不了了知地结案,也终于理解到了平日一些家属来找我们调查时那种焦灼的心情。只要和活生生的生命相关,就不存在不值得调查的案件。
このまま黙って事件を終わらせる訳にはいかなかったし、日頃、家族の一部が俺たちのところに捜査を依頼してきたときのやきもきした気持ちもようやく理觧できた。生きている命に関わっている限り、捜査に値しない事件は存在しない。

怀着一定要把这件事调查得水落石出的决心,我再次回到了事发现场,沿着马路边上的小店一家家问过去,希望多少可以获得一些蛛丝马迹。
何としてでもこの事件を突き止めなければならないという決意を胸に、俺は再び現場に戻り、少しでも手がかりが得られることを願いながら、通り沿いの小さな店を一軒一軒尋ねて迴った。

皇天不负有心人,在正对着斑马线的那家小店的老板口中,我得到了一个从未被提及的重要线索——一辆黑色轿车。
そして、横断歩道に面した小さな店のオーナーの口から、これまで語られたことのない重要な手がかりを得た——一黒いセダンだった。

“事发的时候我刚好在忙,还被那大卡车刹车时的声音吓了一跳。等我放下手中的事出去围观的时候,警车啊、救护车什么的统统都还没到,但却有一辆黑色的轿车在这附近停了一阵子。
「事故の時はちょうど忙しかったけど、大型トラックがブレーキをかける音にびっくりしました。仕事を放り出して見物に出かけたときには、パトカーも救急車もまだ到着していなかったけれど、黒塗りのセダンが暫くこのあたりに停まっていた。」

对于这个线索,我一来是表示惊喜,但二来又不禁心生疑虑。
この手がかりについて、俺は一度は驚いたが、二度目には疑念を抱かざるを得なかった。

从事发当天我调动的监控录像上来看,并没有出现过任何可疑的车辆。如果这是有人为了捕走孩子而故意篡改监控录像,那这之后的搜查估计会是一场苦战。
事件当日に俺が入手した防犯カメラの映像を見る限り、不審な車両は映っていなかった。子どもを連れ去るために防犯カメラを改ざんしたのだとすれば、その後の捜査は苦戦が予想された。

“他为什么要掳走孩子?”
「どうして子供を攫ったんだろう?」

“这背后是否还有其他阴谋?
「その裏には、ほかにも何か企みがあるのだろうか?」

那辆黑色轿车,带着所有的真相和那个男孩,就这样凭空消失了。
あの黒いセダンは、すべての真実と男の子を乗せて、そのまま消えてしまった。

自己所看到的现场、目击者描述的画面、监控视频的实时录像,每一个证据都无法连贯在一起、互为悖论。整个事件就像是一个怪圈,错综复杂、七拐八弯,让人始终无法深入其中的一丝一毫,只能始终在最表面的地方打转。
自分が見た現場、目撃者が語った場面、監視カメラのリアルタイム映像、どれも一貫性がなく、矛盾している。事件はまるで奇怪なループのように複雑に入り組んでいて、その中に入り込むことができず、最も表面的なところだけを迴り続けていた。

警方最终还是把这起事件定为普通的事故,而我只能在暗中对其继续进行调查。
警察は結局、この事件を一般的な事故と見なし、俺はひそかに捜査を続けるしかなかった。

第五章

这么多年过去了,我已经从一个一事无成的小警察奋斗到了一个破案无数的刑警队长。
それから何年も経ったが俺は何もできない未熟な警官から數え切れないほどの事件を觧決した刑事隊長になった。

然而,关于那个孩子的那起悬案,却一直未能攻破。
しかし、あの子をめぐるあの未觧決事件は、いつまでたっても觧決しなかった。

这十几年以来我断断续续也会找到一些线索,但终只是些残缺的碎片,而且随着年月的推移被磨蚀得越发严重。
この十数年の間に、俺は断片的な手がかりを見つけることが出来た。しかしそれは欠けた断片にすぎなかった。そして年月が経つにつれてますます酷くなっていった。

这一次这个叫“许墨”的人,大概已经是这件案件能找到的最后希望。
今回の「许墨」という人物が、この事件の最後の希望かもしれない。

我趁着周末的时间来到恋语大学,四处向孩子们打听这位许教授的事,却在折腾了大半天之后收获甚微。他在学生中的确人气颇高,但对于他的私事,大家都表示并不清楚。
週末を利用して恋语大斈を訪れ、学生達に许教授のことを聞いて回ったが、長い時間苦労したのに収穫はわずかだった。たしかに学生達の間では人気があったが、彼のプライベートについては、誰もが知らないと荅えた。

“也是,哪里会有学生这么用去打听老师的私事呢。”我苦笑着在教学楼边上的休息区坐下,身旁却不知何时也坐下了一个人。我正纳闷是谁放着那么多空位不选,非得坐在我这个中年大叔旁边,就对上了那张我正在打探的脸。
「教師にプライベートを聞く学生なんているはずない。」と苦笑しながら、休憩所の端の席に腰を下ろすと、いつの間にか隣に誰かが座っていた。誰がこんなに空いている席を選ばずに、中年のおっさんの隣に座らなければならないのかと思っていると、俺が探している顔がそこにあった。

“许墨?!”
「许墨?!」

“听学生们说,你在打听我的消息。我就想着要不直接让你来问问本人好了。”他的口吻和节目中看到的一般平和,但又让我隐隐察觉到了一股意。
「学生達から、あなたが僕のことを聞いて回っているという話を聞きました。本人に直接聞いて貰おうかと思いまして。」その口調は、番組で見たような穏やかなものだったが、どこか意味を感じさせた。

“请别误会,我并没有冒犯你的意思。”我临时找了一个借口,“我只是在看了你的节目之后,有些想不明白的问题想来请教一下你。”
「誤觧しないでください。私はあなたを怒らせるつもりはありません。」俺は咄嗟に言い訳をした。「ただ、あなたの番組を見て、少し気になることがあって伺っただけです。」

他耐心地听我问了很多胡吹乱侃的问题,并都--详尽地解答了。那副专注的神情,让我再次想到了那小子。
彼は根気よく俺のでたらめな質問に耳を傾け、そしてーーすべてに詳細に荅えた。その真摯な様子に、俺は改めてあいつのことを思った。

我终于还是没忍住,在将要道别之际问他,“这么问可能有点冒昧,可是能请问你是从小时候起就一直生活在国外吗?”
とうとう我慢できなくなって、別れ際に彼に尋ねた、「失礼かもしれませんが、子供の頃からずっと外国で暮らしていたんですか?」。

他的表情似乎没有什么变化,只是微微地挑了下看。
表情に変化はないようだったが、わずかに視線を動かした。

“那我也可以冒昧地问你一句,为什么这么问吗?”
「では失礼ながら、どうしてそんなことを訊くんですか?」

事到如今,我觉得已经没有隐瞒的必要了,便向他坦诚了事实,“只是觉得你和我之前认识的一个孩子长得有点像,但他失踪了。”
今さら隠す必要もないと思ったので、俺は彼に事実を打ち明けた。「以前に知り合った子供に似ていると思ったのです。しかし、彼は行方不明になっています。」

一听到这,他的眉眼间在顷刻间染上了一股似有若无的伤感。他垂着眼,那伤心的表情似乎是他也曾认识那可怜的孩子一般:“我对那位孩子深感歉意……可是很可惜,我大概不是你要找的人。因为我从记事开始,就是在孤儿院里生活的。”
それを聞いた途端、彼の眉間には悲しみが一瞬にして浮かんだ。目を伏せたまま、「その子には申し訳ないと思いますが……残念ながら、僕はあなたが探している人ではないかもしれません。物心ついたときから、孤児院で暮らしているので。」と、その悲しい表情はその子供を知っているかのようだった。

“啊……不好意思。”我因触到了别人的痛处而感到浑身不自在,而他却轻松得像是在说别人的事情一般,“没关系,也希望你可以早日找回那个孩子。”
「あ……申し訳ない。」俺は他人の痛いところに触れたようで居心地が悪かったが、彼は他人事のように軽い口調で言った。「大丈夫です。早くその子を取り戻せる事を願っています。」

他的眉眼果然和那小子长得很像,只是态度要来得谦逊得多。我越发希望那小子如果还活在这个世界上,那就千万要活成这般讨人喜欢的模样。
やっぱりあいつに似た眉をしているが、態度だけはずっと控えめだ。あいつがこの世に生きているのなら、こんな好ましい姿で生きていて欲しいという思いが募った。

“事情已经过去很多年了,说实话,我觉得找不找得到他已经不那么重要了。”“我跳向远方打从心底里祈愿,“我只希望他能在世界上的某个地方,好好地幸福地活着。”
「もう何年も前のことですし、正直なところ、彼を見つけられるか見つけられないかはそれほど重要ではないと思っています。」「彼が世界のどこかで、ちゃんと幸せに暮らしていてくれることを祈るばかりです。」

许墨听罢,轻轻地笑了,“我都要羨慕那个孩子了,能遇到一个临记他这么久的好心人。”
许墨はそれを聞くと、小さく笑った。「その子がうらやましいですね、その子を覚えてくれている親切な人に出会えて。」

自雨夜来[編集]

(雨の夜より来る)

他就像是一个黑洞,无声纳下酒吧里所有人的大小秘密。
彼はまるでひとつのブラックホールの様で、物音一つしないバーは大小の秘密を抱えている。

第一章

“老板,最近怎么都没见到许教授啊?”
「オーナー、何で最近許教授は来ないの?」

“那只能说你没来对时间啰”
「君のくるタイミングが悪いのでしょうね。」

自从许墨上了《发现奇迹》之后,店里莫名也成为了他的迷妹打卡的地方。
许墨が≪発見奇跡≫に出て以来、彼の女性ファンにとって、この店は何だか要チェックスポットになってしまったようだ。

内敛一点的会点一杯果汁坐在角落里蹲点,眼珠子滴溜溜地在手机屏幕和酒吧门面之间不停切换;也有直接一点的会像我眼前的这位一般,一上来就直入正题,扒着我“许教授”前“许教授”后地问。
内気な人は、ジュースをオーダーし隅で彼を待ちながら、目を携帯の画面とバーのドアとの間を行き来させ、ストレートな人は、目の前のこの人のように、直接俺のところに「許教授」がどうとかこうとか聞いてくる。

出于对客人隐私的考虑,我自然不会告诉她们明确的答案。
これはお客さんのプライベートなんだから、俺は彼女たちの質問に答えるはずがない。

再说,即便认识了将近2年,我对他的认知也还只停留在“年轻有为的脑科学家”、“恋语大学客座教授”这种极其表面的层面。
というか、出会ってから2年ほどが経ったとは言え、俺は、彼に対して「若いのに立派な脳科学者」や、「恋语大学の客員教授」などの表面的な認識しか持っていない。

他整个人就像是一团迷雾,吸引着人靠近,但又从来不让人看清其中,迷上他的小姑娘都说他儒雅又温柔,是个十足的大暖男。但放在我看来,那未必是真正的他。
彼はミステリアスで、人を惹きつける一方、その内面を見せはしない。彼に惚れた女の子たちは、彼がエレガントで優しいし、ぬくもり系男子であると言うが、俺からすれば、それが本当の彼とは限らない。

第二章

他第一次来的时候是个工作日的雨天,夜半三更的店里只有被大雨困住的几个客人。
彼が初めて来た日は平日の雨の日で、深夜のバーには、数名の大雨に足止めされたお客さんしかいなかった。

大家早已没了午夜时分的那种激情,都蔫蔫地趴在桌面上等着雨停。背景音乐早已被我切成了更适合雨天的爵士乐,悠扬的萨克斯把暗夜的时间拉得更加绵长。
みんなは、真夜中の情熱を失い、元気なさげにテーブルに靠れて雨が降るのを待っていた。店の音楽はとっくに、雨の日に合うジャズにチェンジされ、サックスの奏でる悠揚たるメロディーは、暗夜の時間を長く感じさせた。

许墨就是在这时进来的,浑身上下被打湿得没有一处干的地方。我甚至有刹那间怀疑他发上的水滴落在那纯白的衣襟上时,是否会把他染上夜的墨色。
その時、全身びしょぬれになった许墨が入ってきた。俺は、雫が彼の髪から真っ白な襟に落ちた瞬間、彼を夜のような墨色で染めるんじゃないかって思ってしまった。

“好一首雨天的‘a foggy day’。”我原以为他只是来避雨的,但他表现得却象是一个循着乐声而来的乐迷,“请问还在营业时间吗?”
「雨の日の『a foggy day』か、いいね。」俺は彼が雨を避けるために来たと思ったが、彼の様子は、まるで音色に惹かれた音楽マニアのようにも見えた。「まだ営業中ですか?」

“我们营业到凌晨5点。”
「うちは午前5時まで営業している。」

他抬起手看了看表,那弯弯的眼角中似乎乘着零散的月光,“谢谢,那我还有17分钟的时间听完这张唱片。”
彼は手を上げて腕時計を見て、その曲がった目の中は月の光がまばらに光っているようだ。「ありがとう、つまり僕はまだ17分の間このレコードを聴けるね。」

他毫不拘谨地在我面前脱下外套、扯下领带,湿漉漉的衬衫紧贴着他年轻的躯体,比看上去要显得精壮些,稍为有悖于我对于穿白大褂的人的印象。
彼は遠慮せずに俺の前でコートを脱いでネクタイを緩め、俺の白衣を着る人に対するイメージと違って、濡れたシャツにくっついた彼の若い身体は、見た目よりも逞しかった。

这样的反差简直就是我的理想型,只可惜他一看就不是我们这边的人。我只好调整心情,按耐住自己躁动的心。
このようなギャップは俺のタイプにピッタリだが、こっちの人じゃないのはすぐ分かった。俺は仕方なく気分を調整して、ざわめく心を抑えた。

由于调酒师都已经下班了,我只能给他提供一杯热柠檬水和一条私人特供的干毛巾:“先擦一下吧,你可以在这里呆到雨停。”
バーテンダーはもう全て退勤したから、ホットレモネード一杯とスペシャルサービスのタオル一枚しか提供できなかった。「まずはこれで拭いて、雨が止むまでにここにいたらいい。」

“谢谢。”他精神得完全不像是加班到这个点还恰好碰上大雨的倒霉鬼,甚至一直陪我聊到窗外的天色渐渐转亮。
「ありがとう。」彼は、この時間まで残業した上で大雨に出会ったように見えないくらい元気で、空がだんだん明るくなるまでずっと俺の話し相手になってくれた。

在这几个小时的闲聊中,我断断续续地说了不少关于自己的事,而他一直都只是小口小口地抿着那杯柠檬水安静地听着,并偶尔给我一两句不显客套的回复。
この数時間の雑談において、俺は自分のことをとぎれとぎれに話したが、彼はただレモネードを一口一口啜りながら静かに聴いていてくれて、たまにお世辞に聞こえない返事をくれた。

毋庸置疑,他是一个很好的倾听者,这种被认真倾听的感觉对于我而言着实有些新奇。
彼は間違いなくよい聞き役であり、俺には自分の話に真剣に耳を傾けられることが実に珍しかった。

平时,来店里的都是一些带着满腹心事的人,而我则是他们的 “树洞”,负责消化他们各种各样的情绪。很少人会关心我的想法、我是一个怎样的人,而这个在雨天来的神秘男人,却花了大半个晚上来听我念叨。
普段、店に来るお客さんたちは悩みでいっぱいな人ばかりで、俺は彼らの様々な気持ちを受け止めるための「がらんどう」である。俺の考え方や俺がどういう人なのかについて興味を持つ人はあまりいないが、この雨の日に来たミステリアスな男は、ほぼ一晩中かけて俺の文句を聞いてくれた。

在雨终于停下之际,我都已经有点昏昏欲睡了,而他还是一副神采奕奕的样子,精神得仿佛换一身衣服又能继续去上班。
雨がやっと止んできた時に、俺はもう眠気に襲われていたのに、彼はまだ生き生きした様子で、着替えたらまた仕事ができるくらい元気だった。

“谢谢你,这是一个奇妙的雨夜。”
「ありがとう。今晩は不思議な雨の夜だね。」

那天他推门离开的时候,我从未想过这个像是幻象一般的男人在之后还会频繁光临。
あの日、彼がドアを押して出ていく時に、俺はこの幻みたいな男がこの後に頻繁に訪れるとは思わなかった。

第三章

他来日子很不固定。

有时候会连着来个两三天,有时候又隔个一周半个月才出现一次。

然而不管什么时候来,他都总会坐在吧台边上那个最不起眼的角落里,点上一杯无酒精的莫吉托安安静静地坐着。

他对谁都很温柔、又跟谁都保持着似有若无的距离,但这并不代表他不会主动出击。相反,他经常会从他的“专座”上离开,走到那些不知以怎样的条件被选中的“幸运儿”身边:

他们可能是职场失意的律师、也可能是自鸣得意的十八线小明星;也可能是难辨雌雄的异装爱好者、也有可能只是一个前途迷茫的普通小青年......

这些人心头上那些只敢融于迷离音乐和一杯杯闷酒中的苦恼,都在许墨面前吐露无遗。

我曾无数次看着他仅凭一杯酒的时间,就知晓了别人一生的起承转合。而对于自己的事,他从来都不会过多地透漏。

越是这样神秘的人就越能勾起某些人征服的意欲。总会有些居心不良的客人想用酒精来麻痹他的神经、试图让他卸下那无懈可击的外壳,但每每都无疾而终。

他本质上就不是个爱好放纵的人,即便是陪着喝上两杯也总是点到即止。一进入微醺的状态,他就会用各种巧妙的说辞脱身,端着酒杯从容不迫地回到自己的座位上。

这种时候,他脸上柔和的线条就像是蒙上了一层薄薄的冰霜,透露出一丝丝清冷的气息。

那有如浩瀚星辰的眼眸也会随之黯淡下去,从其中读不出任何的情感。那感觉就像是一台制作精良的人形机器突然断电了,阻断了和外界的一切联系。

我尝试过在他这样的情况下和他搭话,但他似乎是最酒之后更加安静的类型,因而也套不出什么话来。

第四章

看着他和什么人都聊得来的样子,我曾经打趣过他,“许教授,难道交朋友也是有科学途径的吗?怎么看你跟什么人都能两三下就打成一片?”

“只要不抱着‘交朋友’的心态,就能轻易地和所有人打成一片。”他维持着温柔的笑容,说出了略显残酷的话。

大概是因未我脸上的诧异实在太过夸张了,他忍不住轻笑了一声,“看你的表情,怕是要误会我的意思了。”在我表明自己的疑虑之前,他似乎已经猜出了七八。

他总能这样,像是可以轻而易举地读懂别人的内心。

“大家都太习惯‘朋友’这种关系了。但其实人与人之间无论哪种关系,都是由束缚构成的。因此,如果仅仅是以‘路人’的方式闲聊,对方就不会在我身上感受到过于沉重的负担,相对地,也就会形成一种更加无拘无束、可以敞开心扉的氛围。”

这话说得我一时之间无言以对,但又不敢轻易苟同。我只能说他的思维方式果然和一般人的不一样,因此也并不能用一般的标准来衡量其中的对错。

“那你从来没有考虑过要和谁成为朋友吗?” “那还得看对方是怎么想的。”他用让人无法拒绝的眼神和我对视了几秒,再次模棱两可地避开了问题的核心。

过往的经验给我及时敲响了警钟:

越是这样看上去滴水不漏的男人,就越有什么不为人知的秘密。

如果说女人心海底针,那男人的心估计就是一颗气球。

说膨胀就膨胀,说狭隘就狭隘。

自从店里的姑娘总是“许教授”前“许教授”后地讨论之后,店里那些来撩妹的男客人终于还是气不过了,便开始用他们那些停留在小学生阶段的把戏来戏弄许墨。

对于这些不影响营业的小打小闹,我向来都是睁一只眼闭一只眼的。一来是可以当作小小的插曲热热场子,二来是相信许墨最后都能游刃有余地解开这些拙劣的把戏。

一来二往之后,许墨不仅没有掉粉,甚至还靠着这几个“绿叶男”的陪衬猛得又涨了一波好感度。似乎是终于感受到了人与人之间的差距,那伙每次都只能气得在暗地里直跺脚的人,没过一阵子就再也没在店里露面了。

少了这些余兴节目,店里又回到了风平浪静的圆状。

“哎,最近都没有人敢来欺负你了好无聊啊。”

“下次还有人来的话......我会尽量不把他们吓跑的。”

他一本正经地说出这话可把我逗乐了。那时的我还没察觉隐藏在平静之下的暗流已经在蠢蠢欲动。

那天晚上之前为首的那个人独自潜入了酒巴。我们还暗暗期待着他这次又会带来什么幼稚的把戏,但没料到他却意外地沉得住气,到了后半夜都还只是一个人坐在角落里喝闷酒。

等到酒意上头之后,那人才红着脸摇摇晃晃地走来,嘴上还念念有词地说着什么,“混.......混账许墨......少一副瞧不起人的样子。我今天,今天就要......!”

第五章

他穿了一身和这个天气完全不符的长衣。等他 突然向许墨扑去的时候,我才发现他衣袖中闪 过一道银白亮光。
“许墨!他有刀!
一瞬间人群纷纷惊恐地四散,唯独原本还背对 「他坐着的许墨不知何时已经转过了身,一手招 住他的手腕、一手敲掉了他手上的水果刀。
他气定神闲地弯腰拾起了刀,把刀柄递向我, “麻烦老板把刀收好。”
被夺过刀的人还呆呆地看着自己已经空无一物 的手,回过神来的客人们则为许墨的应变能力 爆发出了雷鸣般的掌声。
那个企图滋事的人最后灰溜溜地跑了,出门的时候还狠狠地摔了一跤。
“看来这次,是彻底把他吓跑了。
许墨仿佛只是随手处理了一个和之前的小把戏 无异的恶作剧,脸上甚至从头到尾都没有露出 惊异的神色。
大家似乎都理所当然地接受了许教授能文能武 的设定,但我并不觉得这种身手是一个正常人 该有的。
能在如此昏暗的地方以迅雷不及掩耳的速度作 出反应,让我深感这个谜团重重的男人身上又 多了一重猜不透的色彩。
说实话,店里明里暗里追求许墨的姑娘都快要多得我数不过来了,但是他对此似乎从来都没 有明确地表示过什么。
在一众客人的要求下,我被委任为代表来对他的感情生活进行旁敲侧击。那些拐弯抹角的方 式实在不是我的风格,我只好当着在场姑娘的 面来了一发直球,“许教授,店里这么多喜欢你的小姑娘,你都不考虑一下?“
问出来的瞬间,我感觉姑娘们一个个都竖直了 耳朵听着,屏气凝神地等着他翻牌。
”我只是想替广大的姑娘们问问你有没有什么 喜欢的类型?“
“这个问题倒是难倒我了。”他装出认真的样子 思考了片刻,最后只丟出一个毫无参考价值的 答案,“喜欢应该是针对一个特别的个体而产 生的情感,并不能笼统地用类型来归类。
我们原本以为那只是他要将毕生奉献给科学的 委婉说法,却没想到他口中的“特别个体”没过 几天就出现了。
一个我从未见过的女生手蹑脚地跟着许墨走 进了酒吧。她一看就不是平时会出入这种场所 的人,所以在人群之中显得特别突兀。
我原以为那又是许墨的迷妹,便开玩笑地向他 报备了一声。他看起来并不为之所动,继续和 身边过来搭讪的人相谈甚欢,却在那个女生离 开酒吧之后,借故离场跟了出去。
那天晚上,他并没有回来,连酒的钱都是后来用手机转的。
在那之后,这个名为许墨的男人,就随着那个 冒冒失失的姑娘,离开了我们的视野。

宿舍里的沉睡狮子[編集]

(寄宿舎の眠れる獅子)

论美貌与智慧,我都不会承认那个东方来的阴郁家伙比我厉害!
東方から来たうっとうしい奴の美貌と智能が私よりも優れているなんて認められない!

テキスト画像

捉摸不透的人[編集]

(つかみどころのない人)

虹色与幸运[編集]

(虹色と幸運)

冰山之下[編集]

(氷山の下)